プロフィール
 
一見恭子 写真
 
デザート研究家 一見恭子

総合食品会社を退社後、Le Cordon Bleu London、National Bakery Schoolにて洋菓子と製パンを学ぶ。
その後、Westminster Collegeのシェフ養成コースで
ヨーロッパの洋菓子と製パンを学び、パティスリーシェフディプロマを取得。

帰国後、ホテル、レストランのデザートメニュー開発・指導を手がける。

’03年、再び渡欧。 Hotel Ritz ParisのEcole Ritz Escoffierにて洋菓子を学び、
パティスリーディプロマを取得、さらに、ブーランジュリー、ヴィエノワズリーコースで
製パン・菓子パンを学び、同ホテル内にて研修を受ける。
帰国後は、丸ビル“マンゴツリー東京”、品川の“シンガポールシーフードリパブリック”、ほか有名レストランのデザートメニュー開発と指導にあたっている。